Unreal Engine SDK:高度なオプション

 

ショートリファラーリンクの作成

注:この機能はSDKバージョン2.0.6+で利用可能です。

ショートリンクを使用することで、長くてパラメータが多いシンギュラーリンクを、共有に便利な短くて安全なリンクに変換することができます。

通常、ショートリンクを動的に作成し、アプリのユーザーが友達と共有してアプリの使用を招待できるようにします。

ショートリンクを作成するには

  • アプリのダウンロードにつながるシンギュラーリンクシンギュラーリンクのFAQを参照)。
  • リンクに動的に追加したいパラメータ(オプションの一覧はトラッキングリンクパラメータをご覧ください)。
  • リンクを共有したユーザーをさかのぼって新しいアプリのインストールを追跡できるようにしたい場合は、参照元ユーザーの名前とID

ショートリンクを有効にするには、まず、メインキャラクタコンストラクタにこのコードを追加します:

if (AUnrealTestAppCharacter::singularDelegates == NULL) {
    AUnrealTestAppCharacter::singularDelegates =
      CreateDefaultSubobject<USingularDelegates>(TEXT("SingularShortLinksHandler"));
      singularDelegates->OnSingularShortLinksResolved.AddDynamic(this, &AUnrealTestAppCharacter::SingularShortLinksResolved);
  }
      
  void AUnrealTestAppCharacter::SingularShortLinksResolved(const FSingularShortLinkParams& linkParams) {
    const FString shortLinkURL = linkParams.SingularShortLinksParams["data"];
    const FString errorMessage = linkParams.SingularShortLinksParams["error"];
/* ここに共有ロジックを追加します。 エラーが発生した場合は、エラーの原因に基づいて、関数に渡されたパラメータを再試行/中止/変更するロジックを追加します。*/ }

次に、CreateReferrerShortLinkメソッドを使用して、以下の例のようにショートリンクを作成します。

  // パラメータをリンクに追加します (長いリンク URL にパラメータがまだ存在しない場合)
  TMap<FString, FString> params;
  params.Add(TEXT("channel"), TEXT("sms"));
  params.Add(TEXT("anotherparam"), TEXT("paramvalue"));
  
  // 元の Singular Link URL に基づいて、リファラー名、リファラー ID、およびオプションの追加パラメーターを使用して短いリンクを作成します。
  USingularSDKBPLibrary::CreateReferrerShortLink(
      "https://sample.sng.link/B4tbm/v8fp?_dl=https%3A%2F%2Fabc.com",
      "referrer name",
      "referrer ID", 
      params
  );

アンインストールの追跡

注:アンインストールの追跡は、エンタープライズのお客様のみご利用いただけます。

Android のアンインストール追跡

Android アプリのアンインストールトラッキングを有効にするには、まず、 アンインストールトラッキングの設定の詳細に従って、Singular プラットフォームでアプリを設定します。 その後、以下の手順に従ってください。

注: Googleは2018年4月にGCM APIを廃止しました。アンインストールトラッキングにはFCMを使用してください。

Firebase Cloud Messaging (FCM) を使用してアンインストールトラッキングを有効にする

1.FCMと統合します:

アンインストールを追跡するには、Firebase Cloud Messaging (FCM) プラットフォームのサービスを使用できます。FCM をまだ使用していない場合は、 Android で Firebase Cloud Messaging クライアントアプリをセットアップする方法について、Google の指示に従ってください。

FCMの要件(ソース)

FCMクライアントには、Android 4.1以上を搭載し、Google Playストアアプリがインストールされている端末、またはAndroid 4.1を搭載しGoogle APIがインストールされているエミュレータが必要です。なお、AndroidアプリのデプロイはGoogle Playストアに限定されません。

サポートされているバージョンのAndroidで動作していないユーザー/デバイスは、Singularアンインストールトラッキングの対象外となります。

2.AndroidManifest.xml ファイルを更新します:

AndroidManifest.xml ファイルを更新して、アプリに必要なインテント フィルタを追加します(MyFirebaseMessagingService を Firebase Service を実装するクラスで置き換えます):

<service android:name=".java.MyFirebaseMessagingService" android:exported="false">
<intent-filter>
<action android:name="com.google.firebase.MESSAGING_EVENT" />
</intent-filter>
</service>
<service android:name=".java.MyFirebaseMessagingService" android:exported="false"> <intent-filter> <action android:name="com.google.firebase.MESSAGING_EVENT" /> </intent-filter> </service>

3.FCMデバイストークンの登録と送信

最後に、OnCreate()でSingularConfigを初期化した後、以下のようにFCMデバイストークンを設定します:

Singular.setFCMDeviceToken(String fcmDeviceToken);

iOS のアンインストールトラッキング

iOS のアンインストールトラッキングは Apple のプッシュ通知テクノロジーに基づいています。アプリが現在プッシュ通知をサポートしていない場合は、 Apple のガイドを参照してください。 アプリがすでにプッシュ通知をサポートしている場合は、SDK が初期化された後、RegisterDeviceTokenForUninstall メソッドを使用して APNS から返されたデバイストークンを渡すだけです。

SingularSDK SetUninstallToken メソッド
説明 APNS / FCMから返されたデバイストークンを渡します。APNS / FCMトークンは通常ネイティブ形式のバイナリデータですが、文字列として渡す必要があることに注意してください。
シグネチャ
public static void SetUninstallToken(FString token)
使用例
// トークンを 16 進文字列として渡します
USingularSDKBPLibrary::SetUninstallToken("ba85ab31a7c7f5c2f012587f29fb0e596d4b67e7b7b2838fa1a8582c1f7dbdee");

データプライバシー法の遵守

Singularは、GDPRやCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)などの消費者プライバシー法を遵守している可能性のあるパートナーと協力するために、プライバシー保護機能を提供します。 これらのパートナーは、エンドユーザーが個人情報の共有に同意した場合に通知されることを望んでいます。

データ共有の制限

ユーザーに情報共有の同意を求める方法を実装している場合は、limitDataSharingメソッドを使用してユーザーの選択をSingularに通知します:

  • limitDataSharing:NOを使用して、ユーザーが情報の共有に同意した (オプトインした) ことを示します。
  • ユーザーが同意しなかった場合はlimitDataSharing:YES を使用します。

Singularは「ユーザープライバシーのポストバック」においてLimitDataSharingを使用し、関連法規を遵守するためにこの情報を必要とするパートナーに情報を提供します。詳しくは「ユーザーのプライバシーとデータ共有の制限」をご覧ください。

注:このメソッドの使用は任意ですが、ユーザーがオプトインしたことが特に通知された場合に限り、パートナーがSingularと共有する属性情報がある場合があります。

SingularSDK LimitDataSharing メソッド
署名 public void LimitDataSharing(bool shouldLimitDataSharing)
説明 プライベートデータの共有についてユーザーの同意(オプトイン)を Singular に通知します。
使用例
// ユーザーはデータ共有をオプトインしています
USingularSDKBPLibrary::LimitDataSharing(false);

 

GDPR準拠のための追加メソッド

Singular SDKは、GDPRポリシーに準拠し、トラッキングに対するユーザーの同意または非同意についてSingularに知らせるためのメソッドをいくつか提供しています。

SingularSDK TrackingOptIn メソッド
説明 トラッキングに対するユーザーの同意(オプトイン)をSingularに通知します。
使用例
USingularSDKBPLibrary::TrackingOptIn();
SingularSDK StopAllTracking メソッド
説明 このアプリでのこのユーザーのすべてのトラッキング活動を停止します。
注意: このメソッドを呼び出すと、アプリが再起動した後でもSDKが効果的に無効になります(状態は永続的です)!トラッキングを再び有効にする唯一の方法は、resumeAllTracking()を呼び出すことです。
使用例
USingularSDKBPLibrary::StopAllTracking();
SingularSDK ResumeAllTracking メソッド
説明 このアプリのこのユーザーのトラッキングを再開します。
使用
USingularSDKBPLibrary::ResumeAllTracking();
SingularSDK IsAllTrackingStopped メソッド
説明 このアプリのこのユーザーのトラッキング状況を確認します。StopAllTracking()を使用してトラッキングが停止され、再開されていない場合はtrueを返します。
使用
USingularSDKBPLibrary::IsAllTrackingStopped();