iOS SDK:ログを変更します

リリース 発売日 内容
12.4.2 2024/04/24 特徴: 内部構造の変更
12.4.1 2024/04/11 機能: プライバシー・マニフェストのサポート
12.3.2 2024/02/21 修正: SDID のサポートを改善しました。
12.3.1 2024/02/15 機能追加: SDIDのサポートを改善しました。
機能追加: 帰属コールバックのサポート。
12.2.0 2023/11/08 機能追加: SDIDをサポート。
修正 : iAdフレームワークの削除。
12.1.1 2023/09/14 機能追加: クエリパラメータ抽出をサポートするためにディープリンク処理を拡張。
修正: SKANの改善。
12.0.7 2023/07/09 修正: マイナーな改良。
12.0.6 2023/05/16 修正: StoreKit2の解析エラー。
12.0.5 2023/05/01 機能追加: StoreKit2の初期サポート。
機能追加: AppExtensionのサポート。
12.0.4 2023/04/19 機能: SKAN がデフォルトで有効に。
修正: GDPRイベントのクラッシュ。
12.0.3 2023/03/30 : SKAN 4のサポートを改善しました。
修正: ウォームスタート後のディープリンク。
機能: supportedDomainsは、SingularがSingular以外のリンクからのディープリンクを測定するために必要ではなくなりました。
12.0.2 2023/02/13 修正: SKAN 4サポートを改善しました。
修正: SDKのオフライン動作。
12.0.1 2022/12/15 機能: SKAN値を更新するための手動APIを追加。
機能: 古いXcodeバージョンをサポートするためにSKAN 4実装を改善。
修正:標準イベントの値を修正
12.0.0 2022/11/16 機能: SKAN 4バージョンをサポート。
11.0.10 2022/09/19 機能: 標準イベント、マイナー改良
11.0.9 2022/07/28 修正: マイナーフィックス。
11.0.8 2022/07/12 機能追加: リファラーリンクヘルパー機能。
11.0.7 2022/04/14 機能追加: 高度なディープリンクオプションのサポート。
11.0.6 2022/03/28 改善: ディープリンクの取り扱い。
11.0.5 2022/03/22 改善: アプリ所有者変更時の IDFV 報告。
11.0.4 2022/02/11 改善: 小さな修正とレガシーコードのクリーンアップ。
11.0.3 2022/01/10 機能: M1 arm64サポートを追加。
11.0.2 2021/12/13 修正: iOS11で収益が報告されるとクラッシュする場合があったのを修正。
11.0.1 2021/10/05 修正: いくつかのシナリオで、Singular Link ハンドラーが2回呼び出されました
11.0.0 2021/07/27 機能: AdMon収益レポートに対応。
機能: AdMon SKANモデルをサポート。
10.4.1 2021/05/30 修正: 収益トランザクションレポートのマイナーな改善。
10.4.0 2021/05/05 修正:収益が空の通貨でSKANに報告されるとクラッシュする問題を修正。
10.3.0 2021/03/09 : SKANの換算値管理のバグを修正しました。
10.2.3 2021/02/18 修正しました:Singular-SDK pod の AdServices 依存が古いデバイスでサポートされていなかった。
10.2.2 2021/02/16 : v10.2.0で欠落していたApple Search Adsデータの送信。
10.2.0 2021/02/03 改善: AppleのAdServicesに対応した。
修正:SKAdNetwork V2の変換値を更新。
10.1.5 2020/12/09 改善 : 最初のセッションでデータ共有の制限フラグを送信できるようにした。
10.1.4 2020/11/30 変更 : デフォルトのショートリンク解決タイムアウトを10秒に設定。
10.1.3 2020/10/26 改善 : iOS 14では、SDKから送信されるLATパラメータは、トラッキングの認証ステータスに基づいている。
10.1.2 2020/08/25 追加 : アプリがSingularリンクで開かれたかどうかを検証するメソッド。
10.1.1 2020/08/23 改善:SKANフローの改善。
10.1.0 2020/08/18 改善追加デバイス情報の収集
改善:SKAdNetworkのサポートとデバイス情報のリモート切り替え。
10.0.0 2020/08/06 機能追加: iOS 14とSKAdNetwork V2に 対応 しました。
9.4.2 2020/07/29 追加: CCPA対応(「データ共有の制限」方法)。
9.4.0 2020/07/01 機能追加: ー グローバルプロパティのー
9.3.0 2020/06/03 改善: 特異リンク機構がスキームリンクをサポートするようになった。
9.2.8 2020/04/21 改善: ー最適化されたSingularフレームワークー
9.2.7 2020/04/07 改善:ーApple Search Ads コレクションのー改善。
9.2.6 2020/02/18 機能追加:iOS SDKが手動に加え、CocoaPodsの統合をサポートするようになりました。
9.2.4 2019/12/16 変更:SDKラッパーのSDKバージョンの設定方法を更新しました。
9.2.3 2019/11/27 機能追加:HTTPリクエストの圧縮サポートを追加しました。
9.2.2 2019/11/10 フィーチャー:特異リンクの短縮機能を改善した。
9.2.1 2019/09/09 機能追加属性を収益イベントと一緒に送信できるようになりました。
修正:iOS 13をサポートするため、SDKからUIWebViewクラスを削除しました。
9.2.0 2019/07/31 変更:イベントの送信にGETではなくPOSTを使用するようになった。
機能:2つの新しいデバッグ機能を追加:Singular Install IDと Event Index
修正:アプリ実行時にデバッグログが表示されなくなった。
9.1.1 2019/06/30 修正しました:setDeviceCustomUserId でクラッシュする。
9.1.0 2019/06/27 追加: setDeviceCustomUserId が一般的に利用可能になりました。
9.0.7 2019/06/03 追加しました:Unityバージョンに対応しました。
9.0.6 2019/05/09 修正: 引数を含むイベントでSDKがクラッシュした。
9.0.5 2019/04/23 : セッションを再開するとイベントのログが記録されないバグ。
9.0.4 2019/04/18 追加:遅延パススルーをサポートした。
9.0.3 2019/04/16 修正:特異リンク周りのDDL動作を修正。
9.0.2 2019/04/15 : ビルドに失敗する原因となっていた誤ったSDK構造。
9.0.1 2019/04/14 追加:カスタム収益イベントのサポート。
9.0.0 2019/04/07 修正: インストールヒントが偽の場合も送信される。 追加:シンギュラーリンクでのサポート。
8.4.2 2018/12/23 修正しました:Apsalar SDKからSingular SDKへの移行ロジック。
8.4.1 2018/09/26 修正:sqlite3の使用バグ修正、スレッドセーフでないsqlite3_shutdownの呼び出しを回避し、特定の状況でsqlite3を使用している他のスレッド/ライブラリに影響を与える可能性があります。