Android SDK:ログを変更します

リリース 発売日 説明
12.5.5 2024/04/17 修正:DBの処理にバグの可能性。
12.5.4 2024/03/04 修正: 内部ネットワークリクエスト構造。
12.5.3 2024/02/22 修正: ネットワークが交互に接続される場合に起こりうるバグを修正。
12.5.2 2024/02/21 修正: SDID のサポートを改善しました。
12.5.1 2024/02/15 機能追加: SDIDのサポートを改善しました。
機能追加: 帰属コールバックのサポート。
12.4.0 2023/11/08 機能追加: SDIDをサポート。
機能追加: デジタルタービンとの統合を改善。
修正 モトローラデバイス識別子の破損。
12.3.0 2023/09/28 機能: メタインストールリファラーのサポート。
12.2.0 2023/09/03 機能 ギャラクシーストアのリファラーをサポート
機能追加 ディープリンクの処理を拡張し、クエリパラメータ抽出をサポート。
12.1.4 2023/07/26 修正: マイナーバグの修正と改善。
12.1.3 2023/07/06 修正: マイナーバグの修正と改善。
12.1.2 2023/06/01 機能: 限定識別子のサポート。
12.1.1 2023/03/30 機能: supportedDomainsは、SingularがSingular以外のリンクからのディープリンクを測定するために必要ではなくなりました。
12.1.0 2023/02/22 修正: Referrer Links API ハンドラのバグ。
12.0.9 2022/12/15 機能追加: Digital Turbineとの統合を追加。
修正:標準イベントの値を修正
12.0.8 2022/10/18 修正: マイナーな修正
12.0.7 2022/09/19 機能追加:標準イベント
改善されました:Android Billing library v5をサポート。
12.0.6 2022/07/12 追加しました:リファラーリンクヘルパー機能の追加。
12.0.5 2022/05/03 改善: google以外の識別子をサポート。
12.0.3 2022/03/21 改善: OAIDのサポート向上。
追加 : Google課金ライブラリ4.0.0+のサポート。
12.0.2 2022/03/06 改善: Android Identifiers コレクション。
12.0.1 2022/03/01 改善されました: ASIDの取り扱い。
12.0.0 2021/12/15 機能追加: ASID対応。
改善: 初回セッション時にAndroid Installのリファラーを送信するようにした。
11.0.0 2021/07/27 機能 追加: AdMon収益レポートに対応。
追加 : 新しいAndroid API 30以上のインストールソースの読み込み。
9.6.0 2021/01/13 機能 追加: Amazonデバイスのトラッキングに対応。
9.5.1 2020/11/17 改善: 初回セッション時にFCMトークンを送信できるようになりました。
9.5.0 2020/08/20 機能 追加: OAIDの収集に対応しました。
9.4.5 2020/07/29 追加: CCPAコンプライアンスサポート(「データ共有の制限」メソッド)。
9.4.1 2020/07/01 機能 追加: グローバルプロパティのサポート。
9.2.11 2020/04/07 修正 : ディファードディープリンクの取り扱いを改善した。
9.2.10 2020/03/05 : 単数リンクの検証を改善しました。
9.2.9 2019/12/22 機能: android JellyBean以上でTLSを有効にした。
9.2.8 2019/12/16 変更:SDKラッパーのSDKバージョンの設定方法を更新した。
9.2.7 2019/11/27 機能追加:HTTPリクエストに圧縮サポートを追加しました。
9.2.6 2019/11/10 フィーチャー:特異リンクの短縮機能を改善した。
9.2.5 2019/09/10 修正: セッションにカスタムユーザーIDが含まれていないことがあった。
9.2.4 2019/09/09 機能:追加属性を収益イベントと共に送信できるようになった。
9.2.3 2019/09/05 修正しました:CustomRevenue with json が正しく動作するようになりました。
9.2.2 2019/08/22 : Install referrer が、デフォルトで含まれる推移的依存関係になった。
9.2.1 2019/08/21 修正しました:AndroidのCustomRevenueメソッドでPurchaseオブジェクトがis_revenue_eventフラグを送信していなかった。
9.2.0 2019/07/31 変更しました:イベント送信にGETではなくPOSTメソッドを使用するようになりました。機能:新しいIAPコレクションメソッドを導入(Purchaseオブジェクトを使用)。
機能:新しいIAP収集メソッドを導入:2つの新しいデバッグ機能を追加:特異なインストールIDとイベントインデックス。
9.1.1 2019/07/02 改善: jarの代わりにGradleで動作するようにGoogle install referrer dependencyに 変更 しました。
9.1.0 2019/06/27 追加: setDeviceCustomUserId が一般的に利用できるようになりました。
9.0.5 2019/06/03 追加: デバイス識別子としてimeiをサポートしました。
改善: ライセンスapiメカニズム。
追加: Unityバージョンのサポート。
9.0.4 2019/04/18 追加: 遅延パススルーに対応しました。
改善された:DDLのタイムアウト機構。
9.0.3 2019/04/16 修正:特異なリンクに関するDDLの挙動を修正した。
9.0.1 2019/04/14 追加: Custom Revenue Eventsでのサポート。
9.0.0 2019/04/07 追加: シンギュラーリンクでのサポート。
7.4.2 2018/12/02 修正: GDPR インターフェースにおける競合状態の可能性 - 改善: スレッドセーフティ。
7.4.0 2018/07/27 追加: GDPR準拠を容易にするために顧客が呼び出すことができるGDPRヘルパーインターフェイスを追加しました。