Singular APIの概要

Singular Reporting APIは、レポートをリクエストし、キャンペーンの掲載結果の管理を自身で行うことができる直感的なインターフェイスです。

APIを利用することで、マーケティングデータを一貫性のある形式で大量に抽出することができます。(例えば、社内BIシステムやマーケティング成果用の管理画面に連携)。

API Reference を使用して:

  • 全てのAPI endpointsとパラメータについて知ることができ、
  • リファレンスサイトから直接テストAPIを叩くことができます。

次のAPI endpointsを使用することができます:

Endpoint Description
Reporting (Async) Returns campaign statistics. We recommend using the Async API endpoint over the older Sync API endpoint.
Last Modified Dates Returns the list of days for which data has been modified since a given timestamp.
Filters Returns all available filtering options that you can use in your Reporting API calls.
Custom Dimensions Returns all the custom dimensions configured in your account.
Cohort Metrics Returns all the cohorted metrics and cohort periods configured in your account.
Data Availability Use this endpoint to determine whether for a given day, data is available for each of your data sources.
Ad Monetization (BETA) Use this endpoint to run custom queries for aggregated ad monetization statistics (see also: Ad Monetization documentation).
この記事は役に立ちましたか?