トラッキングリンクを作成

本記事にてトラッキングリンクが、どのような情報を入れることができるか、また、トラッキングリンクの作成とカスタムトラッキングリンクの作成メニューからどのように生成することができるかどうか確認してください。

 

トラッキングリンクはアプリのインストールを、広告のクリックにアトリビュートするために使用されます。リンクは基本的アトリビューション データのほか、Singularレポートで後日確認できるように、他のプロパティも含めることができます。これらのデータを使用して、プロモーションの成果について、より詳細な情報を得ることができます。

Singularにて生成することができるトラッキングリンクに二種類あります。

  1. 一般的なトラッキングリンク - AdColonyやChartboostよう連携済みパートナーに使用されます。
  2. Smart Links - EメールやSMSのキャンペーンのようなカスタムマーケティングソース用に使用されます。

注意: Facebookのようなセルフアトリビューションネットワーク (SANs) は、
トラッキングリンクの必要がありません。これらのソースの設定のためには

Attribution Integrations: Special Instructions の記事をご確認くだださい。

 

トラッキングリンクの概要

潜在ユーザーが広告をクリックすると、実質的にはトラッキングリンクがクリックされてSingularサーバーに転送された後、アプリストアにリダイレクトされます。 Singularは、トラッキングリンクに含まれているデータを保存した後、ユーザーがアプリをインストールした場合、Singularアトリビューションサービスの潜在ユーザーが広告をクリックした場合、トラッキングリンクをクリックします。 Singularのサーバーでは、このトラッキングリンクに含まれている情報を保存し、後にユーザーがアプリをインストールすると、Singular attribution Serviceでインストールをそのクリックと一致させます。

詳しい情報が必要な場合はインストールアトリビューションの記事をご確認ください。

image1.png

トラッキングリンクを作成

リンクの形式

Singularアトリビューションサービスで使用されるトラッキングリンクの基本的な形式は次のとおりです。
https://c.singular.net/api/v1/ad?st=[link_id]&h=[link_hash]

注意: 

  • 「st」と「h」は、トラッキングリンクのパラメータです。より多くのパラメータを追加するほど、Singularでは、ユーザーのより多くのデータを得ることができます。全パラメータのリストは、下に詳述します。 
  • "[link_id]"と "[link_hash]"は、マクロの例です。トラッキングリンクにマクロが含まれている場合、広告ネットワークがアプリがユーザーに表示される時点で、これをリアルタイムで関連情報を置換します。各広告ネットワークは、固有のマクロを提供し、これを直接、適切なデータに変更する必要があります。

例えば、次のトラッキングリンクは、[GOOGLE_AD_ID]、[OS_VERSION]など複数のマクロが含まれています。ユーザーがこのトラッキングリンクが含まれている広告をクリックした時点で広告ネットワークがマクロを実際のデータ(値)に置き換えられます。

https://c.singular.net/api/v1/ad?st=82228468160&udid=[RAW_UDID]&and1=[SHA1_ANDROID_ID]&aifa=[GOOGLE_AD_ID]&s=[APP_ID]&idfa=[IDFA]&odin=[ODIN1]&udi1=[UDID]&api_key=d4636d565f59e217801b5721af716eac&product_id=[PRODUCT_ID]&ip=[IP_ADDRESS]&ve=[OS_VERSION]&cl=[CLICK_ID]&pc=[RAW_AD_CAMPAIGN_ID]&h=99ebf893909cc390843b2cabc6c4f7eccb567676

特定のソースに含まれるマクロが不足している場合、support@singular.netにどのマクロが見つからないかを記載の上、お問い合わせください。

「リンクの作成ページ」の使用方法

Singular UI에서 트래킹 링크에 포함하고자 하는 정보를 입력할  수 있는 페이지를 찾아볼 수 있으며, 해당 페이지에서 적절한 매개 변수 및 매크로를 사용하여 자동으로 링크를 생성할 수 있습니다.
Singular管理画面でトラッキングリンクに含めたい情報を入力することができるページを参照することができ、そのページで、適切なパラメータとマクロを使用して、自動的にリンクを生成することができます。

  1. SDK >リンクの作成 へ進みます。
  2. アプリ、サイト、遷移先URLを選択します。 (もしサイトやリンク先URLが欠落している場合、アプリの画面を参照し、不足しているデータを更新します。)
  3. Iディープリンク (あるいはiOSのUniversal Link) を選択した場合、選択肢にディファードディープリンク(deferred deeplink、DDL)にチェックを入れることもできます。
    "myapp://page?id=1"과 같은 딥링크 값을 사용했다면 SDK 콜백에서
    「"myapp:// page?id = 1"」のようなディープリンク値を使用した場合、SDKコールバックでは「"myapp:// page?id = 1"」のような値が渡されます。
  4. ソース名を入力して、ソースの選択リストから選択してください。
  5. もし選択されたソースがまだ設定されていない場合、ソースを設定するように警告メッセージが表示されます。各ソースの選択オプションは、異なる場合があることに注意してください。
  6. より多くの情報が必要な場合は、パートナーの設定ルクベクウィンドウ、  イベントポストバック の記事文書をご参照してください。image3.gif
  7. キャンペーン名を入力した後、リンクの作成するをクリックしてください。
  8. トラッキングリンクが出来ました。生成されました。コピーボタンでコピーすることができます。

「カスタムリンクの作成ページ」の使用方法(スマートリンクの作成)

スマートリンクを使用すると、単一のトラッキングリンクを作成し、ユーザーを端末に応じて様々なデスティネーションにリダイレクトすることができます。スマートリンクは、EメールやSMSのキャンペーンや連携されていないソース (ポストバックが不要) のキャンペーンに使用することができます。
例えば、Eメールキャンペーンには、次のようにリダイレクトされるトラッキングリンクを使用することができます。

  • iOS - ユーザーをiTunes App Storeへ遷移
  • Android - ユーザーをGoogle Play Storeへ遷移
  • Other - ユーザーを特定ウェブサイトへ遷移

スマートリンクは、以下の手順に沿って作成します。

  • SDK>Singular Linksへ進みます。
  • Appを選択します。
  • 소스에 미리 설정된 채널(social, SMS, email, crosspromo)이나 “커스텀”을 선택합니다.
  • 캠페인 이름을 선택합니다. 
  • ソースに予め設定されたチャンネル (social、SMS、email、crosspromo) や
    「カスタム」を選択します。
  • iOS、Android、otherそれぞれのプラットフォームでデスティネーションとディープリンクを選択します。ディファードディープリンクをご希望の場合Deferredチェックボックスを選択します。「 "myapp:// page?id = 1"」のようなディープリンク値を使用した場合、SDKコールバックで 「"myapp:// page?id = 1"」のような値が渡されます。
  • キャンペーン名を入力した後、リンクの生成するをクリックしてください。

image2.gif

トラッキングリンクのパラメータ

専用パラメータ

Singularで使用される専用パラメータのリストは、Tracking link parameters and report dimensions の記事をご参照ください。

専用ではないパラメータ (Passthroughs)

専用パラメータではないパラメータが存在するトラッキングリンクもあります。これらのパラメータは、一般的には特定の連携パートナーにこれらの値を「通過して転送」するために、パートナーとの特定の連携に使用されます。他の事例でも使用されている場合がありますが、一般的な使用方法ではありません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事